パソコン処分の注意点

春、新しい生活の始まり。大学の入学とか憧れの会社に入社いろいろありますよね。そんな人生の節目に新しいパソコンを買いたくなったりしませんか?家電量販店に出向きパソコンのカタログ見て気分は意気揚揚。とにかくいろんなパソコンが出てますから当然ですよね。でもそんな時ふとあなたは思うのです。新しいパソコン買うのはいいけど今持ってる古いパソコンはどうしよう・・・。10年以上前に買って貰ったもので明らかに中古で売れそうもない状態です。とって置くのもいいかもしれませんが、なにぶんそんなに広い部屋ではない。いっそのこと処分してしまおうと考えたとします。でもパソコンの処分ってどうすればいいのだろうか。大切なデータだってあるし個人情報もしっかり入ってる。へたな処分をしたらとんでもないトラブルに発展しかねないですよね。まず最初に気を付けなければいけない事はpcリサイクルマークがついてあるかどうか確認しましょう。これがあるとメーカー側が無償で回収することがpcリサイクル法により義務付けられてます。なければ有料になってしまいます。どちらにせよ処分するにはデータを移行するなり消去するなりする必要があります。大事な思いでをみすみす消去する必要なんかないのです。とにかく必要なデータは外付けHDDやUSBメモリーに移してしまいましょう。このへんは普段からこまめにやっておくと楽ですよね。それがおわったら今度は流出したら困る大事なデータの処分です。いろいろな方法があるようです。データが入ってるHDDを物理的に取りだす、専用のデータ消去ソフトを使う、特殊な装置をつかって強い磁気ををかけて消去する、物理的にHDDを破壊するなどが挙げられます。いずれにせよデータをゴミ箱に入れて消去という単純な方法では完全にはデータは消えない模様です。リカバリーCDお使って初期化しても不十分なようです。上記の方法が面倒なら専門の業者に頼むのもてです。安心ですからね。またソフマップでHDDを破壊してくれるサービスもあるようです。HDD一台に付き930円(税抜き)でやってくれるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加